Language:

Translator

Japanese flagChinese (Simplified) flagEnglish flag
concept

our story

オービカ ストーリー

“OBICÀ MOZZARELLA BAR” は、イタリアのローマで2004 年にオープンした、イタリアから空輸した水牛ミルク100% 使用したフレッシュ・モッツァレラチーズを気軽に楽しめるモッツァレラバーです。それまでにない新しいスタイルの飲食店として人々の話題を集め、その後NY やLondon などへ出店し、2008 年、アジア進出1 号店として六本木ヒルズのけやき坂にオープンしました。
“OBICÀ MOZZARELLA BAR”という店名は、イタリア語“Ecco Qua”(さあ、どうぞ)のナポリ地方の方言である“Obika”(オビカ)に由来し、お客様をいつでも「さあ、どうぞ」と迎え入れるお店のスピリットがこめられています。イタリアから空輸される最高のフレッシュ・モッツァレラチーズとイタリアワインを気軽にお楽しみください。

mozzarella

オービカ モッツァレラ

“OBICÀ MOZZARELLA BAR”では、イタリアから空輸したDOP認定のフレッシュモッツァレラチーズをメインにお楽しみいただけます。カンパーニャ地方の水牛ミルクを100%使用し、伝統的な製法で、職人が一つずつ引きちぎって形作った逸品です。
ミルク本来の甘さと適度な塩分に加え、弾力のある歯ごたえとジューシーさが特徴です。また、最高の状態で召し上がっていただけるよう提供温度に徹底的にこだわり、18℃というモッツァレラの風味が一番引き立つ提供温度を追及しています。

pinsa

オービカ ピンサ

“OBICÀ MOZZARELLA BAR ”では、国内で初めて、古代ローマ時代から作られている伝統レシピの『ピンサ』をベースとしたオリジナルピッツァを提供しています。
「石臼で挽いた厳選小麦粉」「低温48時間発酵」「2段階熟成」などのこだわりの製法で作られ、形は楕円形(オーバル)で見た目もユニーク。 ローマやナポリピッツァとは異なる、サクサクとした軽い食感が特徴です。

design

オービカ デザイン

“OBICÀ MOZZARELLA BAR ” では、白いモッツァレラチーズと色鮮やかな食材を引き立たせるためシンプルな内装にデザインされています。また、煉瓦やメープルウッド、アイアンパネルなどを取り入れることにより、暖かいながらもスタイリッシュな空間を演出しています。
そして、“Sushi Bar” を手本にして店内中央に配置されたカウンターには、白いモッツァレラチーズをはじめとした新鮮な食材がディスプレイされ、そのカウンターを中心に、テーブル席を設けています。